中国語

中国で暗算をすると大変なことに…..日本語と中国語、同じ漢字でも意味が違う言葉まとめ

はじめに

中華圏と日本では、同じ様な漢字を使っていても、意味が違う不思議な言葉達が沢山あります。漢字は中国から伝来したと言われています。その際に日本人が誤解したりアレンジしたりした言葉が定着しているケースが多く、元々の意味を知っている中華圏の方から見ても面白いそうです。日本人にとっても同じ漢字を見ると共通点を感じたり、違いを見ると面白く感じられますね。それではどんな言葉があるのか早速見ていきましょう。

日本語と中国語で漢字は似ているのに異なる意味の言葉達

勉強

中国語では勉強は学習の意味は無く、「強制する」という意味です。それが日本の勉強の意味に転じたと思うと、かつての科挙制度等勉強が強制的であった東アジア特有のストイックさが感じられる言葉の由来ですね。

新聞

中国語では、新聞は単に「ニュース」の事を指し、紙媒体を指すわけではありません。中国語で新聞は、「报纸(日本の漢字だと報紙)」と書きます。

愛人

中国語では単に「愛する人」という意味で、中国語で愛人の事は「情人」と書く為、「何故愛する人が不倫相手なの?!」と不思議に思う様です。

蛇口

写真提供元:

中国語では、「蛇の口」の様に取られるこの言葉。中国語では蛇口の事を「水龙头(日本の漢字で水龍頭) 」と言います。蛇と龍では大分迫力が違いますが、一体何故この様な違いが生まれたのでしょうか。

床は中国語では「寝床」の事を指し、ベッドや布団の事を意味します。床自体は「地板」と言い、全く違う意味になりますね。

経理

中国語では、「マネージャーや部長」の事を意味するので、全く違う言葉ですね。そして、「总经理(総経理)」は社長の事を指します。因みに経理は中国語で「会计(日本の漢字では会計)」と言うので、日本ではこちらの意味も通ります。

中国語では「山の中の霧」を指します。中国語では嵐の事を「风暴(日本の漢字で風暴)」と言います。

心中

写真提供元: 写真AC

中国語では日本語の別の意味にもある様に、単に「心の中」という意味で使われます。中国語では恋人や家族と共に死んでしまう心中の事を「殉情」と表します。初め何も知らずにこの言葉を使っていた留学生はびっくりするそうですね。

金玉

中国語では、「大変貴重なもの、豪華なもの」の事を表しますが、日本の様に睾丸という意味はありません。こちらも日本語を勉強し始めたばかりの方はびっくりする様です。知らない間にこの言葉を使っていたらどうしようと言っている方も居ました。

暗算

中国語では「暗算」は人を殺そうと目論むとか企てる事を指します。恐ろしいですね。中国語でそらで計算する事は「心算」と言います。漢字の似て非なる言い方ですね。

皮肉

中国語では単に「皮膚と肉」の事を指します。中国語では皮肉は「嘲讽(日本の漢字で嘲諷)」と言います。

麻雀

写真提供元: 写真AC

中国語では「雀」の事を主に指します。中国語では「麻将」と書く方が一般的です。麻雀は中国から入ってきた物でも、牌の読み方やルールは日本のそれと違い、日本人が向こうの雀荘に行っても最初はなかなか難しいようです。

汽車

中国語では「車、自動車」を指します。汽車や列車の事を中国語では「火车(日本の漢字で火の車)」と書きます。大分差があるので、交通機関を使用して、筆談する際は間違えない様に気を付けなければなりませんね。

まとめ

写真提供元: 写真AC

以上になりますが、いかがでしたでしょうか。中国語を勉強し始める際に、こういった漢字や熟語の不思議を沢山目の当たりにして、面白くなってくるかもしれませんね。かなりインパクトが強いので、どちらの国の人にとってもこういった意味の差が激しい言葉は、覚えやすくなるでしょう。日中の文化のこういった似て非なる違いを楽しむ事も、相互理解に繋がっていくかもしれませんね。