TikTok

TikTok Liveのやり方(OBS配信)

こちらの記事では、最近TikTokで実装された、TikTok Liveのやり方とゲーム実況で必須となるOBS配信について説明していきます。

TikTok Liveができるようになる条件

2020年9月11日時点では、このLive機能は全ユーザーに開放されているわけではありません。LIVEタブが見つからない人は、まずはフォロワーを伸ばしてTikTok運営からLive機能開放の通知をもらう必要があります。

実はTikTokから通知をもらうだけでは不十分で、さらにTikTok運営に自分のTikTok IDを添えて「TikTok Liveやりたいので機能開放してください」という旨のメールをしなければいけません。

メールの宛先はTikTokからの通知メッセージに記載されているので、そちらを参照してください。

僕の時はメールを送った2〜3時間後には、TikTokから「正式にLive機能を開放しました」というメールが送られてきたので、開放申請からそれほど長い時間待たされるというわけではないみたいです。

また、そのTikTokからのメールに「TikTok Liveのやり方」を説明した資料がついていますので、普通に配信する分にはそれを見てやれば問題ありません。

Live機能開放の条件は諸説ありますが、1000フォロワーか10000フォロワー以上くらいではないでしょうか。もちろん今後フォロワー数関係なく全ユーザーに開放される可能性もありますが…..。

Live配信の二つのモード、通常配信かOBS配信か

TikTokライブ配信にはスマホカメラをそのまま使うモードと、PCの画面を投影するOBS配信モードがあります。

フォロワーとのおしゃべりや、カメラの前でパフォーマンスをするなどの用途ではスマホカメラで配信するだけで十分ですが、ゲーム実況などの人ではなく端末の画面を視聴者に見せたい場合はOBSで配信しましょう。

OBS配信がわからない人は、他の人がわかりやすく説明してくれている動画があるので、こちらを参考にしてください↓

OBS StudioでOBS配信ができない??

僕はTikTok以外のプラットフォームで、OBS Studioというアプリを使ってOBS配信を何度かしたことがあります。OBS Studioのフレームレートなどの設定値をプラットフォームが用意している推奨値に設定していれば、今までは問題なく配信できていました。

しかし、今回はなぜかTikTokから送られてきた「TikTok Liveのやり方」の資料で説明されている推奨値を設定して配信しようとするも、サーバーとの接続と切断を数秒毎に繰り返すというトラブルが起きました。

設定値をいじりまくって接続を試みること1時間…..。

問題解決できず、結局OBS Studioでの配信を諦めました。

Streamlabs OBSが最適解?

OBS Studioでの配信を諦め、ダメ押しでStreamlabs OBSというアプリを使ってみると…..。

あっさりいけちゃいました。

設定値はOBS Studioを全く同じにしているはずなのに…..なんでだろう。

OBS StudioでLive配信をしたことがある人は、UIが似ているのでStreamlabs OBSも簡単に使いこなせるとは思いますが、OBS初心者の方向けに参考になる動画を紹介しておきます。

参考動画はこちら↓

まとめ:Streamlabs OBS使っとけば間違いない

生配信するインフルエンサーの多くは事前にフォロワーに配信時間をアナウンスしていたりして、生放送は時間が命だったりするので、こういったマシントラブルで「結局生配信できませんでした!」なんてオチは避けたいですよね(僕は今回危うくそうなりかけた)。

TikTok LiveでOBS配信をやりたいときは、とりあえずStreamlabsOBSを使いましょう。それでもトラブルが発生する場合は、OBSの設定値をTikTokから送られてくる推奨値と一致しているかどうか見直してみてください。

ABOUT ME
鉄柱(orige管理人)
鉄柱(orige管理人)
origeの管理人。20代後半男性、中国のお見合い番組「新相亲大会」に出演経験あり。中華圏の文化が大好きで、中国のTikTok(抖音)で動画を出し、70万人フォロワー獲得しました。日々抖音に入り浸って中国の最新情報を集めています。